2014年05月07日

第34回 庄内少年武道大会

第34回 庄内少年武道大会(通称:立川大会)がゴールデンウィーク後半の初日5月3日に立川中学校武道場で行われました。


この武道大会は柔道の部と剣道の部で競技が開催されます。開会式も柔道と剣道の選手がいっしょになって行われます。


柔道では小学生・中学生男子・中学生女子の団体戦が行われました。
小学生と中学生女子ではリーグ戦で全チームとの総当たり戦。中学生男子は予選リーグを行い上位2チームで決勝トーナメントが行われます。



そして今回から柔道競技では新ルールが適用されました。中学生、小学生、審判員も初めての新ルールでの試合で慣れない部分が大きかったと思います。
新ルールは組み手を切る行為や場外に出るなど消極的な柔道を行った方に指導の罰則が与えられます。選手も審判も柔道のやり方や指導の見極めが難しくなりました。そんな中、小学生の方はどんどん技を掛けるので比較的反則を取られる場面が少なかったかの様に思えます。




大会結果は、、、

中学生男子
優勝 :立川中学校
準優勝:三川中学校
第三位:鶴岡第四中、五中混成
第三位:酒田第三中学校

中学生女子
優勝 :鶴岡第一中・二中混成
準優勝:三川中学校
第三位:立川中学校

小学生
優勝 :立川柔道スポーツ少年団
準優勝:酒田柔道スポーツ少年団
第三位:朝暘武道館柔道スポーツ少年団



また、今回は大会終了後に6月に行われる県小学生学年体重別柔道大会の庄内地区予選も行いました。
対象は5、6年生。男女学年別で各2階級に分かれて試合を行います。
小学生の大会で個人戦の県大会があるのはこの大会のみです。
そして県大会への出場枠は上位の男子4名、女子2名となっています。

大会が終わってからの予選会ということで小学生は大変だったと思いますが、県大会出場が決まった選手は優勝を目指して頑張って欲しいと思います。
中学生は地区総体まで約1ヶ月となりました。高校生は今週の土日に地区高校総体が行われます。出場する選手は力を出し尽くして頑張って下さい。



by:TAC
  


Posted by たろ~ at 12:31Comments(0)大会結果報告