2015年12月15日

12月9日の稽古(シェーン送別会)

12月9日(水)、この日はわれらの仲間シェーン最後の稽古日、別れを惜しみながらの稽古となりました。




最後ということで、スポ少の子供たちにもメッセージを一言

「一緒に練習できて楽しかった。柔道は本当に素晴らしいスポーツ、世界どこに行っても柔道は共通で柔道をきっかけに多くの友達を作ることができる。これからつらいこともあるかもしれないけどみんなも頑張って!」と日本語で話してくれました。

もちろん、稽古はいつも通り楽しみながら行いました。みんなシェーンとの最後を惜しむように乱取に向かっていきました。

















稽古終了後にサプライズ第1弾、先日シェーンが獲得した弐段の証書が無事届き、その伝達をしました。


このサプライズにシェーンの目には涙が・・・今後も稽古に励んでさらに上の段を目指してほしいと激励しました。

最後に記念撮影

これだけの人が集まってくれたことに感謝です。


そしてこの日はこれで終わりません。稽古終了後市内某所にての送別会、こちらも大いに盛り上がりました。

乾杯直後にシェーンから一言もらいました。
以下はシェーンから我々へ向けてのメッセージの要約です。
「私は柔道が特別強いわけではなく、試合をすれば負けることもある。でも私の目的は勝つことだけではない。高校生の頃は試合のために柔道に取り組んできたが、大人になったら自然に柔道が私の心の一部になり、柔道の目的が「私らしくいる(be myself)」に変わった。
私はいろいろなところ(カナダ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、日本)に旅行に行ったが、どこにでも道場があって柔道ができる。これは嘉納治五郎先生のおかげであり、素晴らしいことだと思う。柔道のおかげでイタリア人、ブルガリア人、韓国人、中国人、そして日本人、いろんな世界の友達ができた。学者や仕事での友達は少ないが、柔道を通じてできた友達はいっぱいいる。だから柔道には本当に感謝している。みんなに出会えて本当に良かった。ありがとう。」

そしてここでサプライズ第2弾

シェーンに我々から帯のプレゼント




帯には「志縁 童琉(シエンドール)」「田川地区社会人柔道部」「心技体」の刺繍を施しました。

更に続けて第3弾

W氏の力作に我々が寄せ書きした色紙をプレゼント

シェーンにとっては涙涙の一日でした。

シェーンは我々にとってかけがえのない仲間なので、いなくなってしまうのは大変寂しいのですが、シェーンが自分の夢をつかむに今回の帰国は避けて通れない道、精一杯の感謝の気持ちで見送りたいと思います。
「ありがとう!シェーン、そしてまたいつか柔道しような!」


さて、今後の予定ですが、

12月16日(水) 19:30~21:30 at朝暘武道館
12月20日(日) 17:00~19:00 薮田杯社会人柔道優勝大会(薮田dynamite)at朝暘武道館

次週はいよいよ薮田dynamiteです。年末を締めくくるビッグイベント、みんなで盛り上げていきたいと思います。観客も含めて多くの方の参加をお待ちしております。

by あさのっち


同じカテゴリー(社会人柔道部:稽古)の記事画像
11月14日の稽古
11月7日の稽古
10月31日の稽古
10月24日の稽古
10月17日の稽古,南北対抗大会
10月3日の稽古
同じカテゴリー(社会人柔道部:稽古)の記事
 11月14日の稽古 (2018-11-20 20:51)
 11月7日の稽古 (2018-11-13 21:06)
 10月31日の稽古 (2018-11-06 20:38)
 10月24日の稽古 (2018-10-30 18:49)
 10月17日の稽古,南北対抗大会 (2018-10-23 20:42)
 10月3日の稽古 (2018-10-09 21:15)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。